結婚が決まりました!結婚指輪はどうする!?

結婚指輪とはどのようなもの!?

結婚指輪は結婚式にお互いが一緒に人生を歩んでいくことを誓う証として交換する物です。結婚式後は大切に保管しておく人もいますが、左手の薬指にずっとはめている人もいます。結婚指輪をしているということは結婚していることの証拠としてよく知られています。結婚指輪は起源は古代ローマ時代と言われています。その時のローマ教皇が結婚の証として鉄の輪を利用したことが始まりであると言われています。当時は「契約」という意味で使われていました。

どのような結婚指輪にしますか

丸い結婚指輪は「永遠に途切れることのない愛」の象徴とされています。さらにはいつも身につけるということで相手を身近に感じることができるという意味合いもあります。結婚指輪は常にはめている物なので、自分達のお気に入りのデザインのものやブランドの物を選びましょう。年齢を経ても使うことができるものを選ぶことが重要です。さらに長く使う物でもあるので、材質にもこだわりましょう。アフターフォローなどがしっかりしていたり、修理ができるところで購入すると良いです。

結婚指輪は早めに準備しましょう

結婚式を行うカップルでは結婚指輪は結婚式に必要なアイテムの一つです。式までにはきちんと手元にあるようにしっかりと期間を計算して注文しましょう。自分達のイニシャルを刻印したり、結婚式がたくさん行われる季節だったりすると思っていたよりも時間がかかったりすることがあります。プロポーズが成功したら、挙式の日取りが決まったら、早め早めに指輪を選び、注文しておくと良いでしょう。結婚する二人でどのような指輪にするのかはきちんと話し合って決めましょう。

結婚指輪とは、夫婦の証として左手薬指につける指輪のことです。教会での結婚式では、お互いの指輪を交換することが多いです。