子供の写真をどう選んでいけばいいのか!!

子供の成長に合わせた思い出

自分の子供のその時にしかない瞬間を記録できる写真というのは、選ぶ際にはとても迷うものです。特に自分で撮ったものではなく、学校などでプロのカメラマンに撮ってもらった写真などは、少しでも自分の子供が写っていれば欲しくなるものです。ですがそういう写真というのは、一枚の単価が高いのでそこまで何枚もいらなくなってしまいます。写真を選ぶのは子供ですので、子供が選んできた写真の合計の代金を親が払うという事になるので、その枚数が多ければ少し減らさせる事もあるかもしれません。

集合写真の尊さはやはり違う

個人写真は少なくてもいいですが、学校行事などで撮ってもらう際の集合写真というのは、その学校でしかないものなので必須でしょう。子供の成長の記録としても毎年のクラスで撮る集合写真というのは、後々になっても語り継がれる思い出です。それを見て子供が色々な思い出を思い出すことができるのであれば、それは買ってあげるものですし、ずっととっておいてあげるものです。写真はその時その瞬間を残す大事な手段ですが、今ではそれもネガとしてではなくデータとして残るものなので、あまり重要性がなくなってきているかもしれません。

写真の昔と今の違いは何か

写真として現像するのではなく、一つのデータとしていつでもその中の写真を自分の好きな時に現像する事ができるようになったので、あまり写真という紙として現像をしなくなりました。これはとても悲しい事です。または、フォトブックとして本にあらかじめまとめられるようになったので、自分で写真をアルバムに貼ってつくりあげていくという行為をしなくても綺麗な状態でいつまでも残せるようになったのです。これはとても便利ですが、手間がなくなるので少し寂しくもあります。

スクールフォトのサービスを利用すれば、インターネットを通して子供の写真を手軽に購入でき、手元まで届けてもらえます。